初めて購入する人必見!新築住宅の豆知識や基本情報と購入時に着目するポイントなどをご紹介!

こちらのサイトは、分譲や建売など新築の住宅を初めて購入する人に向けた豆知識や基本情報、そして購入の際に着目しておくべきポイントを分かりやすくご紹介しています。家は生涯の中でも最も高い買い物といわれているけれども、どのくらいの価格帯の物件を買うべきか、購入するからには失敗はしたくないわけで失敗しないための方法などについても紹介しているので参考にされると良いでしょう。特に、成功に導くためのコツは高い買い物であることからも重要な部分です。

初めて購入する人必見!新築住宅の豆知識や基本情報と購入時に着目するポイントなどをご紹介!

家を初めて購入する人必見ともいえる、新築住宅購入で抑えておきたい基本的な知識、そして知っておくと必ず役立つ豆知識をご紹介しています。
購入するときには見学が必須になるわけですが、一般的に新築住宅の見学は日中に行われます。
そのため、住んでから分かることも多いので家の中の見学はできない場合でも夕方以降に購入する家の近くを散歩するのがおすすめです。
これにより、日中とは違った環境になっているなどを把握できるようになります。

これから金利が上がる可能性があり今が新築住宅購入のタイミング!

新築のマイホームを購入したいと考えている人の多くが、住宅ローンを活用した資金計画を立てていると言われています。
不動産は高額なのでなかなか現金一括で購入できる人は多くないこともあり、銀行などの金融機関からお金を借りて長期間にわたり返済していくスタイルの人がたくさんいるでしょう。
その際には利子を支払う必要があるのですが、これまでの日本は低金利の時代が長い間続いていたので、不動産取得の際に掛かる費用のうちそこまで金利の負担は大きくありませんでした。
しかし最近では今後金利が上昇していく可能性が高いのではないかと言われているので、もし新築のマイホームをローンを組んで購入したいと考えているのであれば今がタイミングとして最適かもしれません。
住宅ローンの金利が少し違うだけでも返済総額は大きく変わってくるので、金利など経済動向も勘案しながら新築のマイホームを購入するタイミングを検討してみるのがおすすめです。

新築住宅購入には住宅ローン減税が適応される!

新しい住まいを購入した場合、物件が一定の条件を満たしていれば「住宅ローン減税(住宅借入金等特別控除)」の適応対象となります。
これは新しい住まいが新築であっても中古であっても適応されますが、新築を購入したほうがよりメリットが大きいです。

この特別控除は数年程度で税制改正によって見直しが行われており、適用できる要件もしばしば変更されます。
2023年時点では、所得金額が2,000万円以下の者が返済期間10年以上のローンで物件を購入し、取得日から6ヶ月以内に居住を開始して、控除を適用する各年の12月31日の時点でも継続して住んでいれば、年末の時点の借入残高に0.7%を乗じた金額を所得税や住民税から差し引くことができます。
減税される期間は入居時期によって異なっており、最大で13年間となっています。
新築物件の方がこの控除のメリットが大きい理由は、環境性能が高い物件だった場合に控除額の上限が引き上げられるからです。

他の控除制度とは異なり、この制度は毎年きちんと年末調整の手続きをするだけで適用されます。
ただし、初年度に限り確定申告が必要となっているので忘れないように手続きをしましょう。

物価高騰を受け節水や節電機能に長けた新築物件がトレンド

自己資金が少ない人は価格が安い新築一戸建て住宅を選びますが、長期的な視点に立って物件を購入することも重要です。
したがって物件を探すときには、節電や節水機能にも注目するのがトレンドになっています。
確かにハイグレードな設備が充実した物件の価格は割高ですが、入居後の月々のコストが割安になるメリットも大きいです。
コストパフォーマンスに優れた新築物件を探したいときには、大手のハウスメーカーの分譲情報に注目するのがポイントです。
最新の分得情報をチェックして現地を訪れると、一人一人のニーズにマッチした新築物件を選べるようになります。
複層ガラス付きのサッシが全室に完備している物件は、年間を通して室内で快適に過ごせるのが魅力です。
更に床暖房が完備している一戸建て住宅では、真冬でも家族全員が温かく過ごせます。
太陽光発電システムが設置済みの物件は、電力の大半を賄うことができるので電気料金の節約にも役立っています。

来るEV社会に向け蓄電池や太陽光発電の新築住宅がおすすめ

郊外の住宅地では必須とも言えるのが自家用車ですが、現在は一般的にエンジンでの内燃機関を利用したガソリン車が主流となっており、環境に与える負荷という観点ではその大きさが指摘されています。
自家用車は大変便利であるものの、環境に負荷をかけないクリーンなエネルギーで動くものを使っていきたいという方にはハイブリッドカーの人気も高くなっているところです。
更に近年は完全に電気のみで動く電気自動車(EV)が急激に普及してきているため、新築住宅にも充電設備を設置する例が増えてきています。
太陽光発電設備も新築時の導入が増えてきていることもあり、この2つを備えた新築の人気はますます高まりを見せていくこととなるでしょう。
電気代やガソリン代の高騰が続いている現状において、太陽光発電設備を取り入れてEVの充電設備を設置した新築の住まいは、これからの新しい社会にしっかりと対応したスタイルであると考えられます。
これから家造りを考えている方は、ぜひ検討されてみてはいかがですか。

新築住宅購入で着目すべきポイント①大手住宅メーカーや有名な工務店

夢の新築マイホームを購入するのであれば、自分の希望するイメージを実現していたり住み心地が良かったりする住宅を手に入れたいと考えている人が多いかもしれません。
家づくりの良し悪しは建築業者によって左右されると言っても過言ではないので、事前によく確認したうえで契約するように意識しておくのがおすすめです。
大手住宅メーカーや有名な工務店が手掛けている新築であれば、きちんとした技術力があるので安心して購入することができるかもしれません。
耐震性や耐火性、防水性といった機能性も高いことが一般的でしょう。
大手の住宅メーカーや有名な工務店であれば、これまでにも数多くの施行実績があるので安心感があります。
口コミなどで評判を調べたり、インターネットなどで様々な情報を確認したりしておくのが得策かもしれません。
納得のいくマイホームを手に入れるためにも、複数の会社を比較した上で自分に適した業者を選択することが求められます。

新築住宅購入で着目すべきポイント②防犯対策やセキュリティシステム

これから新築住宅を購入しようと考えているのなら、その家のセキュリティシステムの確認は事前に必ず行うようにしましょう。
ここ数年で、綺麗な新築の家を狙った盗難などが大変増えています。
セキュリティがゆるいと、盗難されやすくなってしまいます。
まずチェックしたいのが、「インターホンにカメラはついているかどうか?」というものです。
カメラ付きだと、インターホンを押した相手の姿を確認することができるので、怪しい人物をそこでシャットダウンできます。
カメラが付いていないと、誰がインターホンを押したのかわからないので、不用意にドアを開けてしまうことになりかねません。
この部分は必ず確認するようにして下さい。
また、警備会社などと契約することで、より高度な防犯対策が可能です。
何かあったらすぐに駆けつけてくれるような警備会社もあります。
このようなところと契約することで、新築の住宅でも安心して生活することができるでしょう。

新築住宅購入で着目すべきポイント③耐火性や防水性

新築の住宅を購入するのであれば、長い期間にわたって住み続けられるような優良な物件を探すことが大切です。
長い人生の中ではどのような災害に遭遇するか分かりません。
きちんとした耐火性や防水性が備わった新築の物件であれば、安心して生活することができるので、満足度の高いマイホームの購入につながるでしょう。
住宅を購入する際に費用を安く抑えたいと考える人は多いかもしれませんが、あまりにも安過ぎる物件は何らかの部分で手を抜いている可能性が高いので、注意しておく必要があります。
耐火性や防水性がきちんと備わった物件であれば、長い期間その家に暮らし続けることができるので、結果的には居住にかかる費用が安く抑えられるかもしれません。
どの建築業者が建てた物件なのかも良し悪しを判断する上で大切なポイントなので、信頼できるハウスメーカーや工務店を探してから契約するのがお勧めです。
納得のいくマイホームが購入できるように事前準備を行いましょう。

新築住宅購入で着目すべきポイント④耐震性や2×4工法

新築住宅を購入するとなるとついつい、家のスタイルや自分の好みや収納力の多さやさらには家事がしやすいかなどに目が行きやすいようです。
小さいお子さんがおられるご家庭であれば、ちいさい子供たちが伸び伸びと元気に走り回れる家であるか、などについつい目が行くかもしれません。
もちろんそれらは快適に住むうえで欠かすことが出来ない条件ではありますが、しかし何よりも安全に住めるかといったことはたいへん重要なことです。
例えば、耐震性や2×4工法かといったことなどは安全に住むうえで欠かすことが出来ない条件です。
新築だから地震に強いだろう、という過信は禁物です。
日本は地震や自然災害が大変多い国ですので自分と家族の命を守るうえで耐震性能や工法はかなり重要な要素です。
新築物件であっても中には、建築基準にぎりぎり通っている、安価な材料ばかりで作っているような物件がありますので価格だけで選ばないということも大切な要素です。

新築住宅購入で着目すべきポイント⑤蓄電池やEV対応

新築のマイホームを購入したいと考えているのであれば、蓄電池やEVの機能が備わった住宅を取得するかどうか検討してみるのがおすすめです。
蓄電池の機能が付いていれば電力会社から供給してもらう電気の量を減らすことができるので、結果的に電気代の節約に繋げられるでしょう。
地球環境の保全にもつながると言われているので、新築マイホームを取得する際には積極的に検討してみるのが良いかもしれません。
電気自動車も注目度が高まっているので、そうした車を買う可能性が高いのであればEVに対応できるできるマイホームを選択しておくのが得策です。
どのような家に住むかによって生活の満足度が大きく変わるので、契約する前には様々な角度から情報収集を行なって比較検討することが良いでしょう。
インターネットなどの情報を参考にしたり、家族や友人など周りの人々の口コミを聞いたりして納得のいくマイホーム取得に向けじっくり考えることが求められます。

新築住宅購入で着目すべきポイント⑥収納や納戸

新築を建てる際に、収納は事前に考えておかなければなりません。
例えば衣類や布団、タオルなどをしまうクローゼットや押入れ・食器や調理器具をしまうキッチンの棚などがあります。
これらのスペースは、住宅の間取りや家族構成・ライフスタイルなどを考慮して設計されます。
新築住宅には、納戸と呼ばれる大きな収納スペースが設けられることもあります。
納戸は、こたつやストーブのような家具や季節用品、スポーツ用具などをしまう場所として利用されます。
一般的にリビングルームや寝室などとは別に設けられ、広々としたスペースが確保されています。
物をしまうスペースが足りないと考える場合は、納戸をつくるのも良いでしょう。
ただし納戸には注意しなければならないこともあり、例えば湿気が多い場合は、湿気対策が必要になることがあります。
また、納戸に荷物をしまいっぱなしにすると、整理整頓ができず、使い勝手が悪くなることがあります。
そのため、定期的に整理整頓をすることが大切です。

新築住宅購入で着目すべきポイント⑦テラスやBBQスペース

家族で行うBBQほど楽しいものはありません。
家族全員で美味しい物を食べる時間というのはかけがえのないものです。
しかし、そのBBQを行うスペースがなければ、この楽しい思い出が作れなくなります。
みんなで楽しくBBQをしたいのなら、テラスがある新築住宅を選ぶようにしましょう。
このような場所があれば、開放的にBBQを行う事ができます。
匂いを気にしなくてもいいですし、広いスペースだと友達を呼んでみんなで楽しむ事も可能です。
このスペースは新築住宅の見学をするときに見逃してしまいがちなポイントです。
他の部分ばかり見てしまって、「そういえばテラスってあったっけ?」という事にもなってしまうので、これを忘れずに確認するようにして下さい。
また、「スペースがあるかどうか?」だけではなくその広さも大切です。
狭いと窮屈な中でBBQをする事になるので、快適に楽しむことができなくなります。
この部分には絶対に注意が必要です。

新築住宅購入で着目すべきポイント⑧景観

これから長く住んでいけるような新築住宅の購入を検討している場合、ただ住みやすさだけにこだわって家を選んでいくだけではなく、周囲の環境や全体的な景観の良さについてもしっかりと考えてから決めることが大切になってきます。
意外と見落としてしまう方が多いのですが、周囲に大きなビルなどの建物があると移り住んだ時に窓から十分な光が差し込んでこなくなり、家の中全体が暗くてどんよりとしていたなど後から不満に思う箇所が必ず出てくるようになってしまいます。
そうなると快適な住まいではなくなって日々の暮らしに大きな不満ばかりが出てしまうことになるので、それを避ける意味でも一番に着目すべきはどのような景観をしているかについてです。
特に新築住宅の場合は実際に内見してみないとどのような構造になっているのかしっかりと把握できないため、購入を決める前に内見の依頼をすること、そしてベランダからどのような景色が見られるのか、邪魔な建物などは存在していないかなどを詳しく調べておくと良いでしょう。

新築住宅購入で着目すべきポイント⑨騒音と交通事情

新築住宅を購入したものの、特に夜間になると騒音や走行車両の多い道路が近くにあるという交通事情では、注文住宅で建築する際には最初から騒音対策を行うことはできますが、建売として新築物件を購入した方は生活をしてみて初めて感じ取ってしまうことも少なくはありません。
対処法は防音効果を高めるリフォームが必要になり、騒音のレベルによる違いはあるものの、効果を実感することは可能になります。
例えば単層ガラスの場合では、複層ガラスに交換をするだけで騒音対策を行うことができ、夜間の交通事情でトラックの走行音が気になったとしても複層ガラス以外でも内壁の中に防音シートを入れる方法もあるので、試しながら工夫を凝らすことは最善策です。
新築物件を購入する際には、内覧は日中に限定されるものですが、購入の契約に至るまでには夜間の環境も現場に出向いて自らが調査する方法も効果的です。
販売を行っている会社に対しては、騒音対策を無料で万全にしてくれるのであれば購入をしても問題にはなりません。

新築住宅購入で着目すべきポイント⑩間取りや方角

新築住宅選びで大事になる間取りや方角。
なぜこれらのことを意識しなければならないのでしょうか。
まず間取りですが、この間取り次第で住みやすさが変わってきます。
不便な作りになっていると、それだけで生活がしづらくなってしまうのです。
例えば、普段生活する居間とトイレが遠いと、トイレに行くのが面倒に感じてしまいます。
居間に近い場所にトイレがあるなら、何度もお手洗いに行ったとしても負担になることはありません。
次に大事になるのが方角です。
家に向き次第で日の当たりが大きく変わってきます。
窓の方向が悪いと日差しが入ってこなくなるので、湿気でジメジメした場所に住むことになります。
これでは洗濯物も乾きませんし、布団などにカビが発生することもあるでしょう。
これから新築住宅を購入するのなら、この部分は必ず確認して選ぶようにして下さい。
新築物件の購入は大きな思いものなので、細かく確認して失敗しないようにすることが大事です。

新築に関する情報サイト
新築住宅の基本情報

こちらのサイトは、分譲や建売など新築の住宅を初めて購入する人に向けた豆知識や基本情報、そして購入の際に着目しておくべきポイントを分かりやすくご紹介しています。家は生涯の中でも最も高い買い物といわれているけれども、どのくらいの価格帯の物件を買うべきか、購入するからには失敗はしたくないわけで失敗しないための方法などについても紹介しているので参考にされると良いでしょう。特に、成功に導くためのコツは高い買い物であることからも重要な部分です。

Search